幼なじみの家は美容院でした。
おばちゃんにはいつも髪の毛を切ってもらってました。

それが昨日からケーキ屋さんを始めたんです。
幼なじみの女の子もOLを辞めて、手伝ってます。
俺も顔を出したんですが、お店が混んでいるので手伝うことに。

ケーキの名前なんて分からないし、
どこに何があるかわからないんで四苦八苦。
でもがんばりましたよ、僕。

いやなお客さんにあおられつつも、
嫌みなパートさんにちくりちくりいわれながらも。
おばさんと幼なじみのためだもん。

「あぁ、久々に接客したなぁ」

と思ったところで、目が覚めました。
なんか、ひとりごとも満開だったみたいです。

なんでそんな夢見たんだろう。
他に断片的に覚えているのは、ウルフルズのメンバーに泣きながらお礼を言っているのとか、芝生を一生懸命走ってケーキの配達しているのとか。

ウルフルズは自分から聴こうとは思ったことないし、ケーキ屋の配達なんてきいたことない。
ケーキ屋さんはちょっとやりたいとは思うけどね。

なんなんでしょか。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
mini GBr
  • ライブドアブログ